審美歯科(白い補綴物・ホワイトニング)

「歯が黄ばんでいるのが気になる」「治療痕の銀歯が目立つのが悩み」という方におすすめしたいのが審美歯科です。白い補綴(ほてつ)物を使ったり、薬剤で歯を漂白したりすることで、美しい白い歯が実現できます。

白い補綴(ほてつ)物

怪我や虫歯治療などで歯が欠けたり折れたりした際に、その部分を補うものを補綴物といいます。補綴物には健康保険適用のものと自費診療のものがあり、それぞれのメリット・デメリットがあります。

保険と自費の補綴物の違い

健康保険適用の補綴物は安価に利用できますが、いわゆる“銀歯”と呼ばれる素材を使うので、口を開けたときに目立つのが難点です。
自費診療の補綴物は保険のものに比べて高価になりますが、白い素材なので目立ちにくく、金属アレルギーの心配がないなど素材に応じたメリットがあります。

当院の補綴物(自費診療)

オールセラミック

すべてセラミック(陶器)でできた素材です。
透明感のある自然な白さがあり、金属を使わないので歯茎が黒ずんだり、アレルギーを起こしたりする心配がありません。

e.max(イーマックス)

オールセラミックの一種で、透明感が高く、天然歯に近い色調を再現している素材です。
天然歯に近い硬さなので、対向歯を摩耗させず、歯に優しいのが特徴です。
金属を使わないので、歯茎の黒ずみやアレルギーの心配がありません。

ジルコニア

透明感のある白さが特徴で、耐久性に優れているので、奥歯の使用にも適しています。
金属を使わないので、歯茎の黒ずみやアレルギーの心配がありません。

メタルボンド

金属の表面にセラミックを焼きつけた素材です。
白い色で目立ちにくく、強度があるので奥歯への使用に適しています。

コンポジットレジン充填

歯が欠けた部分などにコンポジットレジンというプラスチック素材を詰め込む治療法です。
すきっ歯に盛り足して隙間を埋めるなど、審美的な治療にも用いられます。

ラミネートベニア治療

歯の表面を薄く削り、オールセラミックなどの素材の薄片を貼り付ける審美治療です。
歯の色を白く見せるのはもちろん、すきっ歯の隙間をなくす効果もあります。
つけ爪のようなものを貼り付けるので、被せ物をするよりも天然歯を削る量が少なくて済みます。

ホワイトニング

珈琲や紅茶、ワインなど着色しやすい飲み物や、喫煙、加齢などが原因となって、歯は黄ばんだり黒ずんだりしてきます。そこでおすすめしたいのが、特殊な医療用の薬剤を使って安全に歯を漂白する「ホワイトニング」です。

当院のホワイトニング

まずは患者様のお口の状態を診察し、専用のマウスピースを作製します。
初回は院内で、特殊な光を照射して歯を白くする「オフィスホワイトニング」を行い、次回からはご自宅で薬剤を入れたマウスピースを装着する「ホームホワイトニング」を継続して行っていただきます。
基本的に2週間ほどで効果を実感いただけますが、このタイミングで効果が実感できない場合は、再度院内でオフィスホワイトニングを行います。

院長ブログ Facebook SJCD