一般歯科(虫歯治療・根管治療)

年齢を問わず多くの方々が罹患するのが「虫歯」です。当院では歯と口腔内の健康を考えながら、痛みの少ない丁寧な治療を心掛けています。

よくある虫歯の症状

  • 歯の表面が、茶色がかったり黒ずんだりする
  • 冷たいものがしみる
  • 硬いものを噛んだときに痛みを感じる
  • 歯の表面がザラザラする
  • (進行すると)歯が痛む

虫歯の原因

食事の後の食べカスや汚れなどが歯に付着すると、細菌が発生します。この付着物をプラークといい、その中の細菌が酸を放出することによって、歯の表面にあるエナメル質を溶かしていく病気を「虫歯」といいます。
虫歯菌によってエナメル質が溶けていくと、次に象牙質、歯髄というように歯の内部が侵されていき、強い痛みを伴うようになります。

虫歯の治療

一般的な虫歯の治療では、虫歯菌のある部分を削って取り除き、金属などの補綴物(ほてつぶつ)で治療痕を埋めて元の形に戻します。

当院の虫歯治療

なるべく歯を削らない

虫歯治療では虫歯の部分を削り取るのが一般的ですが、当院で治療方法を工夫して、歯を削り過ぎないよう心掛けています。できる限り歯に負担をかけず、健康な状態で残す治療を行っています。

ドックスベストセメントによる治療を行っています

当院では、虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌する「ドックスベストセメント」という治療法を採用しています。アメリカで開発された新しい治療法で、アメリカ歯科医師会において安全性が認められています。

できる限り神経を残す

一般的には虫歯が進行してくると痛みが生じるため、歯の内部にある神経を取る治療を行います。しかし、神経を取ると歯の根が悪くなりやすかったり、割れやすくなったりするのがネックです。そこで当院では、痛みを抑えながら、できる限り神経を取らない治療を心掛けています。

根管治療

歯の根の管を根管(こんかん)といい、中には神経が通っています。虫歯が進行して痛みが強くなると、根管内の神経を取り除き、根管内を消毒して薬を詰め、細菌が入り込まないようにする必要があります。これが「根管治療」です。

当院の根管治療

当院では、将来的な歯の健康を考え、できる限り歯に負担をかけないような根管治療を心掛けています。

ラバーダムによる治療を行っています

「ラバーダム」とは、根管治療を行う際に、歯に装着するゴム製のカバーのようなものです。
ラバーダムを使用することで、根管内に細菌が入るのを防ぎます。

院長ブログ Facebook
SJCD EPARK ネット予約受付中