インプラント・入れ歯

歯を失った際にそれを放置しておくと、見た目が気になるのはもちろん、咬み合わせにも大きな問題が起こります。当院では、患者様のお口の状態やご要望に合わせて、インプラント治療や入れ歯治療をおすすめしております。

インプラント

インプラントとは

歯を失った部分の骨に人工の歯根(インプラント)を埋入し、その上から義歯を装着する治療法です。“第3の歯”といわれるほどしっかり噛めるのが特徴で、見た目の美しさや安定感でも注目されています。

こんな方におすすめ

  • しっかり噛んで食事をしたい方
  • 食事の味や温度を損ないたくない方
  • 入れ歯の違和感や痛み、外れやすさが気になる方
  • 見た目の美しさが気になる方

当院のインプラント治療

外科手術を伴うインプラント治療では、安全・安心を第一に治療を行っています。
患者様お一人おひとりのお口の中の状態をしっかり診断して、確実な方法で進めてまいりますのでご安心ください。

口腔外科専攻の院長が担当

インプラント治療では外科手術を伴いますが、大学病院では口腔外科の分野を専門にしていた当院の院長が治療を担当します。
衛生管理がなされたオペ用の個室で治療しますのでご安心ください。

歯科用CTで正確な診断

当院では、高性能な歯科用CTを導入しています。
レントゲンではわからないお口の中の詳細な情報を3Dで撮影できるので、神経や血管の位置などより正確な診断と確実な治療が可能になります。

「シンプラント(SIMPLANT)ガイドシステム」を採用

CT撮影した画像をもとに、患者様の顎の状態を3Dに変換した状態でインプラントの治療計画を立て、インプラント埋入手術をガイドする高性能なシステムです。
治療計画をした位置へ正確にインプラントを埋入でき、手術時間も短縮できます。

入れ歯

よくある入れ歯の悩み

  • しっかり噛めない
  • 入れ歯がグラつく、外れやすい
  • 入れ歯が痛い
  • 装着時に違和感がある
  • 食事の味や温度がわかりにくい

当院の入れ歯治療

噛みにくい、グラつきやすいといった入れ歯の問題を抑えるため、当院では精密な設計を行います。技工士と細かくやり取りをしながら、患者様お一人おひとりに最適な入れ歯を作製します。
現在ご使用の入れ歯に問題がある場合は、新たにつくる前に微調整を行い、入れ歯が合わない原因をしっかりと見極めます。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には多くの種類がありますが、大きく分けると健康保険適用の入れ歯と自費診療の入れ歯に分類されます。
まずは健康保険適用の入れ歯は、安価でつくることができますが、素材はプラスチックになり、加工も限られます。
それに比べて自費診療の入れ歯は、保険がきかない分高価になりますが、素材を変えたり、床部分を薄くしたりするなどカスタマイズできるのが魅力です。
当院では、患者様のご要望やご予算に応じて最適な入れ歯をご提案していますので、お気軽にご相談ください。

当院がおすすめする入れ歯(自費診療)

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の場合は、金属のバネを天然歯に引っかけて入れ歯を固定します。
ノンクラスプデンチャーはこのバネの部分がないので、金属バネが目立つことがありません。しなやかな素材なのでフィット感が高いのも特徴です。

金属床

保険の入れ歯では床の部分が分厚いプラスチックですが、金属床の場合は薄い金属を使うため、装着時の違和感が少なく、フィットしやすいのが特徴です。
食事の温度を伝えやすいので、美味しく食べることができます。

シリコンデンチャー

床の部分が柔らかいシリコンでできた入れ歯です。
装着時の痛みがほとんどなく、歯茎に密着するので高いフィット感があります。

院長ブログ Facebook SJCD