口腔外科

主にお口の中や顎、その隣接組織に現れる疾患を扱うのが口腔外科です。
親知らずなど歯が原因のものから、顎関節、粘膜の疾患、事故やスポーツなどの外傷までを診療します。
大学病院で口腔外科を専門にしていた当院の院長が担当しますので、安心してご相談ください。オペ用の個室も完備しています。

親知らず

「親知らず」とは、奥歯の中でも一番奥に位置する歯のことをいいます。歯肉が被さっている場合は不潔になりやすく、炎症を起こしたり、正しくない方向に生えている場合は歯茎や顎の骨を圧迫して痛みを伴うことがあります。

気になる親知らずの症状

  • 歯茎が腫れる
  • 歯茎から出血したり、膿が出る
  • 口が開けづらい
  • 口臭が気になる
  • 発熱や倦怠感がある

当院の親知らずの治療

痛みや腫れを伴う親知らずは、抜歯をするのが一般的です。
当院では、難しい症例の親知らずに対しては歯科用CTを使って、神経や血管の位置などを正確に診断して抜歯を行っています。

顎(がく)関節症

咀嚼したり、口を開閉するときに、顎の筋肉に痛みや違和感が生じたり、顎関節から雑音がするといった症状を「顎(がく)関節症」といいます。

気になる顎関節症の症状

  • ものを噛んだり、咀嚼するときに痛みを感じる
  • 口の開け閉めがしにくい
  • 口を開け閉めするときに、顎関節からカクッと音がする
  • 頭痛や肩こりがする

当院の顎関節症の治療

咬み合わせの調整による治療

咬み合わせが原因で起こっている場合は、咬み合わせをチェックして、歯の高さを調整するなどして治療します。

ナイトガードによる治療

歯ぎしりや歯の食いしばりが原因となっている場合は、夜寝ている間に装着するマウスピース(ナイトガード)を作製します。マウスピースによって歯ぎしりや歯のくいしばりが減り、症状が改善しやすくなります。

粘液嚢胞

唇や舌、頬の粘膜の下にある小唾液腺が、何らかの理由でうまく唾液を分泌できなくなり、周囲の組織の中に唾液がたまって嚢胞ができる病気です。
粘膜を噛んだり、歯の先端が当たることが繰り返されることが原因といわれています。

気になる粘液嚢胞の症状

  • 下唇などの粘膜が腫れている気がする
  • 粘膜部分に直径5~15mmの瘤(こぶ)ができている

当院の粘液嚢胞の治療

嚢胞とともに原因となっている小唾液腺をレーザーメスで除去します。
治療の際には局所麻酔を用いるので痛みはありません。

歯牙移植

虫歯や歯周病などで歯を失った部分に、自分の違う歯を移し入れる方法を「歯牙移植」といいます。インプラントや義歯とは違って自分の歯を利用するので、親和性があるのが特徴です。

当院の歯牙移植

歯牙移植では、健康な親知らずや、咬み合わせに影響しない歯を抜いて、歯を失った部分に移し入れます。
ただし、使用する歯の形状など、いくつかの条件がありますので、事前に当院までご相談ください。

院長ブログ Facebook
SJCD EPARK ネット予約受付中